インプラントの治療費について
目次

欠損した歯の治療方法として、インプラントの治療を検討している方も多くいるかもしれません。
ですがインプラントを検討するのであれば、1つ注意しなければならない点が存在しています。
その注意点というのが、インプラントは保険適用外の治療法であるという点です。
歯科医院で虫歯治療などを受けるとき、保険が適用されるため、支払う金額は治療費の一部ですみます。
一方でインプラントは、保険が適用されず、保険適用外です。
そのため自由診療に分類され、かかった費用は全額自己負担しなければなりません。

具体的な費用

お金と電卓全額自己負担の自由診療といっても、歯科医院で支払うお金はあまり多くないと思っている方もいるかもしれません。
もしもそのようなイメージを持っているのであれば、インプラントにどのくらいの治療費がかかるのか相場を調べてみることも大切です。
相場を調べてみると、歯1本あたりの治療であっても、20万円以上の費用がかかることがわかります。
歯1本だけで20万円以上という高額な費用がかかるため、治療に興味があったとしても、ためらってしまう方も多くいます。

インプラントは高額な費用がかかるといっても、入れ歯などとは異なり、自然に近い状態で利用できる人工歯です。
入れ歯の場合、費用はかかりませんが硬いものを食べるときには注意が必要などの問題がみられます。
インプラントであれば、費用が高いとしても、もともとあった歯と同じように使えるため、今まで通りの生活を送りやすいのです。

また高額な治療費といっても、自由診療の場合には歯科医院側が自由に治療費を設定できる点に注目しましょう。
相場が1本あたり20万円だったとしても、歯科医院側が自由に設定することで、歯科医院ごとに必要な費用には大きな差があります。
Aという歯科医院では1本あたり30万円以上かかることもあれば、Bという歯科医院では10万円で治療できるケースも見られます。

費用だけで歯科医院を選ぶべきではない

歯科医院ごとに治療費に差があるからこそ、費用から歯科医院を比較するのも1つの手です。
インプラントでかかる治療費が歯科医院ごとに異なるといっても、必要な費用だけで歯科医院を選ばないようにしましょう。
安心して治療を受けるために、歯科医院の設備などの面を比較することも大切です。
また実際に利用した方の評判を確認することも忘れてはいけません。
利用者が安心して利用できたと評判が高い歯科医院であれば、安心して利用できる可能性が高くなります。

インプラント治療が保険適用されない理由とは

実際にインプラント治療を受けたいと考えている方の中には、なぜ保険適用外になるのか疑問に思う方もいるかもしれません。
入れ歯や虫歯治療は保険適用されるのにも関わらず、インプラントは保険適用外なのです。

歯科医院において保険が適用される条件というのは、悪くなった歯を日常生活に支障がないようにすることができることです。
治療だけではなく、クリーニングなどの予防歯科も保険適用外になりますが、インプラントのように治療目的ではなく、見た目を目的としている要素が強いものは保険適用外となっています。
インプラントのほかにも見た目に大きく関わるホワイトニングや矯正歯科も、同じように歯科医院において保険適用外です。

インプラントを諦めないで!医療費控除がある!

保険が適用されないことによって、高額治療費なのでインプラントを諦めているという方もいるかもしれません。
そのような方は、医療費控除に注目するのも1つの手です。
医療費控除とは、1年間で10万円以上の医療費を支払った場合、支払った金額の一部が還付される制度です。

インプラントは保険適用外なのに、医療費控除は適用されるのかと疑問に思う方もいるかもしれません。
確かに入れ歯治療よりも見た目を重視する欠損歯の対処方法となるため、保険は適用外です。
ですが医療費控除においては、見た目だけではなく、欠損歯の治療を目的としているのであれば、インプラントも医療費控除の対象です。
ただしインプラントで特殊な素材を使用しているなど、特定の条件によっては医療費控除の対象外となってしまうので注意が必要です。

実際に医療費控除を受けたい場合、自分で申請を行いましょう。
確定申告の際に医療費控除を申請することで、還付金を受け取れます。
確定申告の制度では、自分で必要な書類を揃えて提出する必要があります。
医療費控除を視野に入れてインプラントの治療を受けるのであれば、申請時に医師の診断書が必要になるので、早めに準備しておくことが大切です。

お金のことをしっかりと考えることが大切

また確定申告について考えるのであれば、インプラント治療が終わってからでもいいと思っている方もいるかもしれません。
もちろん治療後に準備しても遅くはないのですが、どのくらいの還付金が受け取れるか把握するためにも、治療を受ける前に制度について調べておくようにしましょう。
あらかじめ制度について調べておくことで、還付金も含めてお金の問題を考えて、インプラントを検討することにつながります。
保険適用外だからこそ、しっかりとお金の問題を考える必要があるのです。