インプラントの治療費について

インプラントの手術は失敗することはないの?

インプラントの手術について考える女性 インプラントは安全性の高い歯科治療と言われていますが、外科的な手術を行うという事もあり、後遺症や失敗のリスクが全くないとは言い切れません。
手術を受ける場合は、どのようなリスクがあるのかまた、失敗例などを事前にチェックしておきましょう。
インプラント手術後には、出血を引き起こすケースがあります。
顎の骨に金属製の人工歯根を埋め込む手術を行う際、歯茎を切開するので出血は施術後、よく起こる症状です。
血がにじむ程度であれば、特に問題はありません。
通常の出血量であれば、抜歯をした時と同程度です。

ただ、出血の量が多い、鼻血が出るといった場合は、トラブルが起こっている可能性があるので主治医に相談しましょう。
インプラント治療では、しびれなどの違和感を感じるケースも少なくありません。
人工歯根を顎の骨に埋入する際、神経を圧迫したり傷つけてしまうと、しびれの症状が出る可能性が高いようです。
場合によっては感覚が無くなる麻痺のリスクもあります。
もし、施術後にしびれや、感覚が無いなど麻痺のような症状が起こった場合も、早めに連絡する必要があります。

インプラント治療ではチタンという金属から作られた、人工歯根を顎の骨に埋め込む手術を行うのが基本です。
チタンは金属アレルギーを起こしにくい素材と言われており、身体への親和性も高い非常に安全性に優れた金属です。
ただ、稀にチタンでも金属アレルギーを起こす方がいます。
施術後、チタン製の人工歯根を埋入した事によって、金属アレルギーが発症してしまうケースもあるようです。
もし金属アレルギーが心配という場合、インプラントの治療を受ける前にチタンにアレルギーが無いかどうか、検査を受ける事をおすすめします。

この他にも失敗例としては、埋め込んだ人工歯根が骨に定着しないという事が挙げられます。
埋入する角度・位置・深さが適切でなかった場合、うまく定着せず人工歯根がぐらついてしまうケースがあるようです。
また人工歯根を埋め込む際に使うドリルの熱によって、骨が火傷を負ってしまうと結合しにくいとも言われています。
アバットメントと言われる、人工歯根と義歯を結合する部品が緩んでいる場合も、ぐらついたり外れてしまうという失敗の原因に繋がります。

インプラント治療にはこのような失敗やリスクがつきものです。
ですが、インプラント治療に精通しているドクターによる施術であれば、失敗や後遺症のリスクは大幅に下げられます。
インプラント治療を受けたいという場合は、ドクターを慎重に選ぶようにしましょう。

インプラント補足情報 ▼

インプラント手術が失敗するのかを理解した上でそれでも興味がある方は埼玉県の歯科医院に行くと良いでしょう。
インプラント手術は埼玉がオススメというアドバイスです。
全国各地にコンビニの数以上ある歯科医院ですが、その中でも埼玉の歯科医院だけは一味違うということが分かるでしょう。
百聞は一見に如かずと言いますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。