インプラントの治療費について

日本人向けのオールオン6という治療方法もある

オールオン4やオールオン6はインプラントを使った歯の治療方法です。
インプラント治療は顎の骨に「インプラント」と呼ばれているネジのようなものを埋め込み、人工歯を取り付けていきます。
一般的な治療の場合、1本の人工歯を装着するのに1本のインプラントが必要です。
顎の骨に埋め込んでいるインプラント体に、「アバットメント」と言う接続器具を取り付けて人工歯を固定させるので、人工歯をつける度に、顎の骨に穴を開けることになりますが安全性の高い施術です。
基本的に手術は歯茎を切らずに歯茎をはがすという方法で行うので、縫合や抜糸などの必要はありません。
来院する回数も少なく済み、ブリッジの強度は高く審美的にも美しい仕上がりになります。

オールオン6について説明する女性オールオン4とオールオン6には違いがあります。
理由として、オールオン4は欧米で開発されたもので、4本のインプラントで人工歯を支えることができる治療法ですが、主に欧米人の骨格をベースに開発された方法です。
欧米人の骨格は日本人のものと比較すると、非常に頑丈で4本のインプラントによって強度や耐久性を確保することができます。
しかし、日本人の骨格はやや弱く、脆いので、4本のインプラントで噛む力を受け止めると、顎の骨にダメージを与えてしまう可能性があります。
そうして日本人向けにオールオン6が開発されました。
オールオン6のメリットは6本のインプラントを使って歯を支えることにより、骨格が弱い日本人でも噛む力が分散され、骨へのダメージを軽減することが可能です。
基本的な治療や考え方などはオールオン4と変わらないので、日本人の骨格や顎の形を考慮して開発された方法で、安心して利用することができるでしょう。

オールオン6は安定性に優れていて、オールオン4は4つの柱で支えている状態になりますが、オールオン6は6つの柱で支える状態になるので、より頑丈に安定して支えられます。
オールオン4の方がその認知度は先行していますが、オールオン6の方が日本人に向いている治療法だと言えるでしょう。
但し、インプラントの数が2本増えるので、手術箇所ももちろん2箇所増えてしまい、手術時間やコストがどうしても増えてしまいます。
オールオン4を行うのか、オールオン6を行うかを検討している人は、手術時間やコスト面なども含めて考慮すると良いでしょう。
オールオン4は基本的に欧米人の骨格用に開発された方法ですが、日本人でも骨格や骨の状態などによっては適した治療になるケースもあります。
歯科医院で相談すると、適切な施術を提供してくれます。