インプラントの治療費について

歯科医が勧めるタフトブラシを使いこなせ

虫歯や歯周病にならないためにも歯磨きは欠かせないものです。
しっかり歯磨きしていても虫歯ができるなど不思議に思うこともありますが、その場合は歯の表面はキレイに磨けていても細かい部分に汚れが残っている可能性があります。

歯ブラシを選ぶ際に色が可愛いとか、コマーシャルなどで宣伝しているなどの理由で選ぶこともありますが、歯並びが悪い場合などは、歯の隙間など歯の細部まで歯ブラシで虫歯予防のためにもしっかりと磨くことが大切です。
歯並びが悪くても悪くなくても歯磨きは歯の表面だけではなく、隙間など細部まで汚れを落とすことが必要なことです。

歯並びが悪い場合、通常の歯ブラシが届きにくい隙間があります。
隙間の汚れを落とすには、ピンポイントで毛先が磨く歯科医が勧めるタフトブラシを使うと良いです。
歯が重なり合っているところに食べカスのプラークがこびりついていますが、そのような隙間でも歯科医の勧めるタフトブラシは毛先が届くので汚れを落とすことができます。

歯科医が勧めるタフトブラシは毛束がメインの歯ブラシよりも少なく隙間に届きやすい形状をしています。
メインとなる通常の歯ブラシの毛先では届きにくい部分は、歯並びが悪いところ、奥歯の奥になっているところ、歯の裏側、詰め物の隙間、矯正器具の隙間などが考えられます。
自分の歯並びに合わせてメインとなる歯ブラシとタフトブラシを上手に使い分けることでプラークなどの汚れも取り除くことができ虫歯の予防になります。

タフトブラシの使い方は、メインの歯ブラシで歯磨きをしてすすいだ後に、磨き残しがあるかを鏡で確認したり、舌で触ってみてザラザラしているところなどを確認します。
タフトぶらしは軽い力で小刻みに動かすことができるペングリップで持ちます。
力を入れ過ぎて歯茎を傷つけないように注意します。

歯科医の勧めるタフトブラシを使ったそれぞれの磨き方もあります。
歯並びが悪いところの磨き方は、隙間に毛先を当てて上下に小刻みに動かし、鏡で口の中をみながら磨きたい部分を確認しながら行ないます。

奥歯の奥の磨き方は、口を閉じ気味にしして噛み合せ面を磨きます。
歯の裏側は、シャベルのようなくぼみがある場合、タフトブラシをしっかりと持って肘を安定させながら磨きます。
詰め物の隙間はデリケートになっていることもあるため、力を入れ過ぎずに優しく歯と歯茎の間をなぞるように磨きます。

欠かさずに行なっている歯磨きでも、メインになる歯の表面などはキレイに磨けていても実は細部までしっかりと磨けていない場合があります。
歯並びが悪い場合などは重なっている部分などは注意しながら磨くことが必要です。
通常の歯ブラシだけでは細かい部分まで毛先が届かないため、歯科医が勧めるタフトブラシを併用して使うことが虫歯予防になります。